不倫を頭ごなしに否定する意見は、聞き飽きました。だから…

ネット上で、不倫を肯定する意見だけ集めました!

最後の頼みの綱は、

不倫を頭ごなしに否定しない意見を集めました!(まとめ)

不倫をしている人や、結婚したのに幸せではない人、愛する人には別の異性が一緒にいる場合など、男女関係において、つらい現実はいろいろな種類あります。重要なポイントは、そんなつらい現実を過ごしている人、過去に苦しい現実を過ごして、それを乗り越えた人もたくさんいるということです。あなただけが特別な体験をしているのではなく、同類の体験をして、結果的に乗り越え、幸せを勝ち得た人がいるということです。

 

珍しい体験であればあるほど、周囲の家族や友人の意見が参考にならないことも多く、やはり、同じ境遇や体験を味わった人でしか、知りえない解決策・突破口があることを知ったほうが良いと思い、不倫や略奪愛に関する情報をまとめてみました。

 

先人達や専門家の意見や知識を知り、あなたも、考え方(視点)を増やし、楽しく生きるコツを得てほしいと思います。


不倫だけど幸せな人。結婚したのに不幸な人。

結婚さえすれば幸せになれるわけではありません。相手の本性を見抜けずに結婚し、ベストなパートナーではなかったことに、結婚してから気づくことは十分にあり得ます。はたまた、結婚までは努力し、成長しあっていたカップルでも、結婚後に努力をおとり、成長がストップ・退化し、喧嘩や意見の相違が増え、離婚危機を迎える人も大勢います。

 

大切なのは、結婚してるから幸せ、不倫だから不幸、とかではなく、自分の気持ち次第で、相手との未来に『目標をもって生きていけるか』なのだと思います。


不倫と離婚、どちらが恥ずかしい?

70〜80年代は、夫婦の5〜6組に1組が離婚をしていました。昨今では、夫婦の3組に1組が離婚する状況が続いています。米国のように2組に1組が離婚する世の中になると言われていましたが、日本ではまだ3組に1組の離婚でとどまっています。

 

しかし、これだけ離婚する人が多い中で、不倫だけを全否定するのは、いかがなものでしょう。だって、離婚するということは、選択ミスですよね???離婚するつもりで結婚したわけではないのであれば、失敗ですよね?結婚で失敗する人が3組に1組もいるから、不倫が横行するのも、当然のように思えます。

 

不倫は発見であり、離婚は明らかな失敗だと考えます。そしてそこは、ある意味、セットになっているのだと思います。


不倫は恋愛の骨頂

今の世の中は、学校教育も、スポーツも、ビジネスも、何でも競争を余儀なくされます。ライバルに勝つために、みな、必死に努力し、戦い、成長していくわけです。恋愛だけが、その競争から免れられると思ったら、大間違いではないでしょうか?人類はそういう生き物だからです。結婚さえすれば、パートナーを独占できると思ったら、そこに怠慢が生じ、努力と成長が止まり、愛が衰えていくのではないでしょうか?

 

不倫というのは、ある意味、競争です。勝つか負けるか、女男女、男女男、3人の競争です。誰が誰を勝ち得るかです。勝負が嫌だから、独占したいから、安心したいから結婚するのでは、いずれは、努力を怠り、成長が止まり、パートナーの愛が、他方(不倫相手)に向いてしまうのは、当然のことであると考えます。

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ